相続財産の売却する際の節税対策

財産を亡くなった人から相続する場合、相続税がかかります。その時、相続税を少しでも節税したいと思うことは当然です。特例を使うと、節税をすることが出来ます。
相続した人が相続した財産を一定期間内に売却した場合、相続税から一定額を譲渡所得より控除できるという特例です。一定の期間内とは、相続が開始された翌日から税の申告期限の翌日以後、3年を経過する日までです。
相続財産の相続税を計算する時、取得費というものが差し引かれます。その財産を亡くなった人が得るために必要だった費用です。相続が一定の期間のうちに相続財産を売却した場合、相続した時に払った相続税も取得費として、差し引くことが出来るのです。但し、計算式があるので、それにあてはめて計算した上で算出された、一定の額になります。
相続税を計算する時に、相続財産を時価により取得したものとして計算します。しかし、相続財産を売却した時には、売却価格から引くことが出来る金額は、過去に亡くなった人が取得した時に必要だった金額となってしまうのです。相続をしているのに、取得費は亡くなった人の取得費のままということになってしまうので、それらに配慮している特例です。
このように、相続財産を売却する時には節税対策が出来ますので、しっかりと活用するようにしましょう。

Filed under: 未分類 — あめちゃん 3:44 PM