自然死亡による相続

相続は、死亡した人すなわち被相続人が持つ財産や権利、義務を相続人となる妻や子供が受け継ぐことをいいます。
受け継ぐものには、現金や有価証券、土地や建物などの財産のみならず借金などの債権も対象になります。負いきれない債権がある場合は、相続放棄をする人もいます。
相続は、人の死亡によって発生し、そのことを相続人が知ったときに開始されます。医者によって死亡が確認された自然死亡によって、相続がスタートするのが一般的です。失踪や行方不明などで医学的に死亡が確認されない場合でも、法律上で死亡とみなされた場合は、その時から相続が開始になります。
相続人は妻や子供になりますが、いない場合は両親、兄弟が相続するなど民法で決められた血族の中から相続する順番と配分が決まります。それ以外に被相続人が生前遺言を残していれば、これに準じて遺産が受け継がれることになります。
相続する時に相続税が発生します。その相続税を減らし、より多くの財産を引き継がせるために、賃貸住宅の経営や生前贈与など対策をとる人がいます。
相続する側も、少しでも多く財産を受け継ぎたいという思いで、相続人同士で争いが起きることもあります。こうした血縁争いが起きないためにも遺言状の存在は大きく、財産の多い人は作成することが多いようです。

Filed under: 未分類 — あめちゃん 3:44 PM